クラウドファンディングとは?仕組みや種類など基礎知識を徹底解説!2023年最新情報

クラウドファンディングとは?仕組みや種類など基礎知識を徹底解説!2023年最新情報 基礎知識

クラウドファンディングとは

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」を組み合わせた造語で、「インターネットを介して不特定多数の人々から少額ずつ資金を調達する」ことを指しています。

資金調達といえば、一般的に金融機関からの借入や関係者・ベンチャーキャピタルによる出資などがあげられます。

クラウドファンディングは、そういった資金調達にはない「手軽さ」や「拡散性の高さ」、「テストマーケティングにも使える有用性」といった点が魅力的な新たな資金調達の仕組みとして近年注目されています。

中でも、「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題をこう解決したい」といったアイデアや想いを持つ人は誰でも“起案者”として発信でき、それに共感し「応援したい」「モノやサービスを試してみたい」と思った人は誰でも“支援者”として支援できる、双方にとっての手軽さがクラウドファンディング最大の特徴といえます。

2018年度のクラウドファンディングによる流通金額は、日本国内で約2,000億円、全世界では7兆円に達すると見込まれている。

クラウドファンディングの歴史は?

現代のクラウドファンディングのような手法がは、1997年にインターネットを通じてロックバンドMarillionのファンが行ったキャンペーンだと考えられている。このキャンペーンでは、ファンたちが自主的にコミュニティサイトを開設し、ツアー費用60,000 ドルを集めてバンドに提供した。2000年には、この事例にならってアーティストのアルバム制作を支援するArtistShare社が登場するなどし、ウェブを通じた資金調達事業が徐々に拡大していった。

クラウドファンディングという言葉が初めて登場したのは、2006年のことである。ウェブサイトfundavlogの説明において、起業家のマイケル・サリバン氏がクラウドファンディングという言葉を使ったことがきっかけでその名称が定着するようになったと言われている。

2008年の米国大統領選では、当時候補であったオバマ氏がインターネットを通じて選挙資金の調達に成功。集まった75 億ドルの資金のうち、90%は100ドル以下の小口寄付だったことが明らかとなり、クラウドファンディングの可能性に一層の注目が集まるきっかけとなった。

現在までに、続々とクラウドファンディングプラットフォームが登場してきている。有名なプラットフォームにアメリカのKickstarterやIndiegogoなど。日本でのサービスインは2011年。東日本大震災をきっかけに立ち上がったCAMPFIREやReadyforといったクラウドファンディングプラットフォームは、現在さまざまな分野のプロジェクトを支援している。

クラウドファンディングのメリット

メリット

オンラインで簡単に誰でも資金調達ができる

クラウドファンディングの最大のメリットとして、インターネット上で資金調達を誰でも行うことができることがまず挙げられます。

起案者がしっかりとしたプロジェクトの目標と計画、そして支援者へのリターンを用意することができれば、資金調達を行うことができます。

従来の資金調達の方法だと、融資を受けるために事業計画書をしっかりと作り込み、審査に通らなければ金融機関から資金を得ることができませんでしたが、

クラウドファンディングでは、支援者へ起案者のプロジェクトに対する「熱意」を感じさせ、プロジェクトに賛同してもらうことができれば資金調達を誰でも行うことができます!

夢や実現させたいプロジェクトがある起案者にとっては、とても魅力的な資金調達の方法となっているので、2022年でもクラウドファンディングを資金調達の方法として選ぶ人が多くなってきています。

アイデアを検証できる

商品開発やテストマーケティングのためのユーザーの年齢層や性別などのデータを取ることができます。

発売予定の商品やターゲット市場について理解すればするほど、財務リスクを減らすことができ、マーケット調査を実施するための優れたツールとなります。

クラウドファンディングで商品を前売りすることで、「どのような人たちが商品を購入してくれるだろうか」という質問に明確な答えが与えられ、アイデアを検証するのに役立ちます。のちの販売方法を示さないまま商品を製造すると、アイデアに対する需要がそれほど多くなかった場合に、多大な時間と費用を浪費してしまうことにもなります。

また、販売している商品を欲しいという人々がいることを知っていれば、自信を持って計画を実施し、拡大することができます。

ファンを獲得しやすい

ECサイトからの購入よりも、わざわざクラウドファンディングのサイトをブラウジングするユーザーは「まだ市場に出ていない珍しい新商品に興味がある」人たちが多いです。

そして、それらの商品の珍しさに対する好奇心に加えて、「商品が開発された背景」を重要視するユーザーが多いため、商品を気に入ってもらえることができれば、次の新商品に期待してもらえるため、長期的に応援をしてもらえます。

クラウドファンディングのデメリット

デメリット

第三者にアイデアを取られる可能性がある

目新しい商品をクラウドファンディングで公開するということは、他の企業や第3者にあなたのアイディアを知られるということです。

もし、知らない誰かがあなたのアイデアをタイミング良く知ってしまい、ライバルがあなたより先に商品化してしまった場合、本当はあなたのアイデアからできた商品にも関わらず「偽物のコピー商品」が出回ってしまうかもしれません。

こうなっては誰のアイデアが「オリジナル」なのかが、世間は分からなくなってしまい、オリジナルのクリエイターが批判を受ける可能性も出てきます。

実際にあった例として、海外のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で大成功した商品である「Fidget Cube(フィジェットキューブ)」が有名な例です。

7億円以上の支援金ををクラウドファンディングで集めたこの画期的な商品を、「Jack」と呼ばれる匿名の起業家が、フィジットキューブのデザインをすでにコピーしていたメーカーを中国で見つけ、「Stress Cube」という商品名でオリジナルより先に市場に出したのです。

悔しいことに、コピーした起業家のチームはわずか2ヶ月で345,000ドルを稼ぎ、その後、Amazonのプラットフォームではもともとオリジナル製品である「フィジェットキューブ」よりも、コピー製品である「Stress Cube」の方が多く出品されていたのです。

クラウドファンディングの種類とは?

クラウドファクタリングの種類

クラウドファンディングは、リターンの有無やその内容によって、大きく「寄付型」「購入型」「融資型」「株式投資型」「ファンド型」「ふるさと納税型」の6つに分類される。

購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングとは、起案されたプロジェクトに対して支援者がお金を支援し、支援者はそのリターンとしてモノやサービスを得る仕組みのクラウドファンディングです。

購入型という名の通り、支援者は起案者がリターンとして設定した商品やグッズ、サービス等を購入するような感覚で支援することができます。金銭的な見返りがリターンとなることはありません。

また、購入型クラウドファンディングには「All-or-Nothing型」「All-In型」といった2種類のやり方があり、起案者はどちらで資金調達をおこなうか選ぶことができます。

「All-or-Nothing型」は、募集期間内に目標金額を達成した場合のみプロジェクトが成立します。

目標金額が集まってはじめて実行可能となるプロジェクトの場合は、こちらを選択することをおすすめします。

「All-In型」は、目標金額に達していなくても、一人でも支援者が出ればプロジェクトの成立が認められます。

ただし、掲載時にプロジェクトの実施を確約する必要があるため、内容によって利用できない場合があります。

購入型クラウドファンディングの代表的なサービスには『CAMPFIRE』、『READYFOR』、『Makuake』、朝日新聞社が運営する『A-port』などがあります。

中でも『CAMPFIRE』は国内最大のクラウドファンディングで、2011年のサービス開始から現在までに70,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ870万人以上、流通金額は660億円に達しています(2022年11月時点)。

寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングとは、起案されたプロジェクトに対して支援者がお金を寄付をする仕組みのクラウドファンディングです。

リアルな場でおこなう寄付と同様で、商品やサービスなどのリターンは基本的に発生しません。プロジェクトによっては、お礼として手紙や写真を受け取ることができます。

被災地の支援など社会貢献性の強いプロジェクトが多いことが特徴です。

代表的なサービスには、CAMPFIREが運営している『GoodMorning(一部プロジェクト)』や『READYFOR』などがあります。

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングとは、事業者が仲介し資産運用したい個人投資家から小口の資金を集め、大口化して借り手企業に融資する仕組みのクラウドファンディングです。

日本では、「融資型クラウドファンディング」よりも「ソーシャルレンディング」として認知されていることが多いです。

融資型クラウドファンディングは、個人から集めた資金を「融資」するという性質を持っているため、購入型や寄付型とは異なり支援者は金銭的なリターン(利息)を得ることができます。

金融商品の一つとなるため、事業者は「貸金業法」や「金融商品取引法」などによる法律規制を受けます。

代表的なサービスには、『SBIソーシャルレンディング』、『funds』などがあります。

株式投資型クラウドファンディング

株式投資型クラウドファンディングとは、個人の起案者ではなく株式会社が行う資金調達の一つで、個人投資家へ非公開株を提供する代わりに資金を募る仕組みのクラウドファンディングです。

投資家は出資先企業の詳細な情報を参考に投資を行い、非上場企業の未公開株を取得できることが特徴です。

2015年より、株式投資を扱う第一種金融商品取扱業に少額の特例ができたことで、日本にも2017年頃からサービスが出てきています。

ただし、借り手企業側は年間1億円未満、投資家は1社につき50万円までと投資金額に制限があります。

株式投資型クラウドファンディング事業者には、第一種少額電子募集取扱業の資格が必要です。

代表的なサービスには、『CAMPFIRE Angels』、『FUNDINNO』、『Unicorn』などがあります。

ファンド型クラウドファンディング

ファンド型クラウドファンディングは、株式型と同じく企業がおこなう資金調達の一つで、特定の事業に対して個人投資家から出資を募る仕組みのクラウドファンディングです。

投資家は、売上等の成果や出資額に応じた金銭的なリターンを受け取ることができます。

金銭的なリターンと合わせて、その事業で作られたモノやサービス、その割引券等が受け取れることもあり、金融商品としてだけでなく社会貢献性の要素が強いことが特徴です。

また、比較的似た特徴をもつ融資型では元本+利息という形で利回りが計算されていましたが、ファンド型では売上に基づく分配金で利回りが計算されます。

投資する事業の売上に応じて、利回りが変動するのが特徴です。

ファンド型クラウドファンディングでは、事業者は、第二種金融商品取引業の登録が必要になり、投資する人は匿名組合契約などの出資契約を事業者を通して行うことになります。

日本においてファンド型のサービスはまだ少なく、代表的なものとしては『セキュリテ』があり、国内外のビジネスへ投資することができます。

ふるさと納税型クラウドファンディング

ふるさと納税型クラウドファンディングとは、自治体が解決したい課題を具体的にプロジェクト化し、そのプロジェクトに共感した人からふるさと納税によって寄付を募る仕組みのクラウドファンディングです。

プロジェクトを選び、リターンを選ぶという流れは、購入型や寄附型のクラウドファンディングと同様ですが、ふるさと納税の仕組みを使うことで、寄付金の控除を受けられるのが特徴になります。

また、ふるさと納税にクラウドファンディングを活用するため、それぞれのサービス提供事業者の特性が現れます。

たとえば、CAMPFIREが提供している『CAMPFIREふるさと納税』は、「好きな地域を応援する」という想いを実現するサービスです。「小さな火を灯しつづける」というCAMPFIREなりのやり方で、ふるさと納税の制度を活用して、自治体と共に新しい資金の流れを作っています。

他にも、ふるさと納税サイトの『ふるさとチョイス』や『さとふる』、クラウドファンディングサイトの『READYFOR』などがそれぞれの特性を活かしたサービスを提供しています。

個人でのクラウドファンディングのやり方【手順】

融資までの流れ

基本的なクラウドファンディングの流れは、先に紹介した分類に限らず共通しています。
ここでは、起案者と支援者それぞれの流れを簡単に説明します。

起案者の場合

  • 1. 掲載したいクラウドファンディングサイトを検討
  • 2. クラウドファンディングのプロジェクトページを作成
  • 3. プロジェクトページ完成後、公開して資金調達をスタート
  • 4. 募集期間中はさまざまなプロモーション活動を行い、プロジェクトページを拡散
  • 5. 集まったお金で、プロジェクトを実行

支援者の場合

  • 1. クラウドファンディングサイトでさまざまなプロジェクトを閲覧
  • 2. プロジェクトページの内容やリターンの詳細を確認
  • 3. 募集期間内にクラウドファンディングサイト上で支援(決済)
  • 4. 募集期間終了後、活動報告などでプロジェクトの進捗を随時確認
  • 5. リターンが予定通り届くかどうかを確認
 
クラウドファンディングの事例とは?

日本のクラウドファンディングの成功事例として身近なものの一つに、2016年公開の映画「この世界の片隅に」が挙げられるだろう。同作は製作費に必要な約3,900万円をクラウドファンディングで調達することに成功しており、最終的には世界60か国以上で上映されることとなった。

また、民間団体と地方自治体による共同プロジェクトの資金をクラウドファンディングで調達する事例も存在する。

公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンが渋谷区と提携して展開する「スタディクーポンイニシアティブ」プロジェクトは、経済的な理由から学習塾に通えない児童を対象に、複数の学習塾の学費に使えるクーポンを提供する取り組みだ。寄付型クラウドファンディングでプロジェクト費用を募り、1,400万円以上を調達することに成功した。

楽してお金を集める方法ではない

過去には、立案者の見通しの甘さや計画性のなさによってプロジェクトが頓挫し、お金を払ったにもかかわらず支援者がリターンを受け取ることができなかったケースがある。「出資者や社会に対するメリットが一切なく、自分の願望を叶えることだけを優先したようなプロジェクト」も存在し、「クラウドファンディングは詐欺」「乞食と一緒だ」というような批判を受けた事例もある。

支援者がお金を出資してくれるのは、そこに何かしらの「想い」や「期待」があるから。クラウドファンディングは決して、楽してお金を集めるシステムではないのだ。安易に始めるのではなく「本当にクラウドファンディングを使うべきプロジェクトなのか」「目標金額の設定や戦略は適切か」などをしっかりと考慮してから実行する必要があることを忘れてはならない。

クラウドファンディングをするならどこ?おすすめサイト5選!

CAMPFIRE

キャンプファイヤー

https://camp-fire.jp/

「一人でも多く一円でも多く、思いとお金がめぐる世界をつくる」をミッションとして2011年に創業し、これまでに6.5万件以上のプロジェクト立ち上げ実績、7そして750万人以上の支援者から590億円以上の支援金が集まっている日本最大のクラウドファンディングサイトです。 

目的別にクラウドファンディングを始めることができ、初心者にとってもとても分かりやすいウェブページです。運営側の払う手数料や決済手数料は目的によって違うのでチェックしてみることをおすすめします。

BOOSTER

booster

https://camp-fire.jp/booster-parco

BOOSTERは上記で紹介した日本最大のクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」とファッションビル「PARCO」が共同運営しており、購入型クラウドファンディングのプラットフォームです。

1プロジェクト1担当制であるため、初心者にとっても安心なサポートを受けることができます。また、「プレスリリース配信代行オプション」や「プロジェクトページ代行オプション」はユニークなサポートで、出店費用はかかりますが渋谷PARCO BOOSTER STUDIOに商品を展示することも可能です。

Makuake

makuake

https://www.makuake.com/

2013年にサービスをスタートしたMakuakeは、「世界をつなぎ、アタラシイを創る」をミッションに、「アタラシイ」を感じさせる「商品」や「挑戦」のプロジェクトを掲載しているクラウドファンディングサイトです。

Makuakeのサイトが掲載している基本条件3つを満たしていると掲載が許可されます。

  1. プロジェクトの要素に「アタラシイ」があること
  2. 実行者にとって「挑戦」や「ストーリー」があること
  3. 基本条件をクリアしていること

Makuakeは大手IT企業の子会社が運営しており、そのネットワークを使った集客力が強みです。

これまでにないユニークで、珍しい商品をクラウドファンディングに出したいと考えている人にとっておすすめなクラウドファンディングのサイトですね。

READYFOR

ready for

https://readyfor.jp/

2011年3月に日本国内で初めてクラウドファンディングサイトを開始しているREADYFORは、「想いの乗ったお金の流れを増やす」をミッションとして、これまでに累計支援金額およそ190億円以上のプロジェクトの成功をサポートしてきています。

READFORの大きな特徴として、寄付型のクラウドファンディングを掲載することができます。

「動物保護」「国際協力」「福祉」「災害」などの分野で社会貢献につながるプロジェクトを数多くのNPO法人や自治体が活用しているので、社会問題解決などに関わるプロジェクトを始めたい人にとっておすすめなクラウドファンディングのサイトです。

また、「ガバメント クラウドファンディング READYFORふるさと納税」という仕組みがあるのもユニークな要素です。

FUNDINNO(ファンディーノ)

fundinno

https://fundinno.com/

FUNDINNO(ファンディーノ)は日本国内初の株式投資型クラウドファンディングのプラットフォームとして有名で、2022年5月2日時点で、登録ユーザーが10万人を超え、累計成約プロジェクト数は 250 件、そして累計成約額も 80 億円を超えました。

募集形式は「All-or-Nothing方式」のみを採用しており、目標金額が達した場合にのみプロジェクトが実施されます。

FUNDINNO(ファンディーノ)のサイトでは、最短3ヶ月で資金調達が可能で、専門担当者が募集ページの作成から、資金調達後の株主の管理などのサポートもしてくれます。

合わせて読みたい!

#クラウドファンディングとは 簡単に#クラウドファンディング やり方#クラウドファンディングとは 簡単に 知恵袋#クラウドファンディング 事例

即日買取と満足を実現する優良ファクタリング業者

ファクタリングは、あなたの持っている請求書・発注書・契約書などの「売掛債権を買い取る」サービスです。

お金は最短当日に受け取れるので、いまスグ現金が欲しい方の資金調達方法として法人・個人事業主問わず絶大な支持を得ています。

ファクタリング利用を考えているなら、即日即金高額買取来店不要ノートラブルを実現する、大手優良ファクタリング業者を利用することが失敗しないコツです。

ただ数多くのファクタリング会社があるので、どこを選べばいいのか迷うこともあると思います。

どこがいいのか分からない…そんな方は、下記の優良保証・厳選ファクタリング会社を利用するといいでしょう。


ベストファクター

ベストファクター

ネット完結で超お手軽に請求書を買取

ベストファクターは申し込み画面から請求書を送るだけで簡単に現金化ができます。

さらに新サービスの注文書買取サービスは仕事を受ける前の「受注書・契約書」をお金にすることができるため、経営者・個人事業主から大きな支持を得ています。

担保や保証人は不要、手数料も優良店の証である最低手数料2%~を実現sのネット完結・最短翌日に入金なのでファクタリングを始めようかなと思っている方に心からおススメできる優良企業です。

ベストファクター基本情報

特色 請求書以外に仕事前の受注書・契約書・発注書の買取が可能
入金まで 最短24時間
買取手数料 2%~

紹介記事:ベストファクターの特徴を徹底考察!評判・口コミは?


けんせつくん

けんせつくん

建設業界専用ファクタリング会社のけんせつくん

けんせつくんは建設業界に特化したファクタリング会社です。

建設業界の事情に精通したスタッフが対応してくれるので安心な上、けんせつくんはスマートフォンさえあれば簡単に申し込むことが可能です。

法人化している会社だけでなく個人事業主でも利用できるため、一人親方などでも安心して利用することができます。

嬉しいことに売掛債権の買取金額に制限がなく、少額からでも依頼可能です。土日祝日も対応してもらえるので、不規則な働き方になることが多い建設業界の方でもスムーズに利用できます。

基本情報

即金可能額 下限・上限なし
入金まで 最短2時間
買取手数料 5%〜

事業資金エージェント

事業資金エージェント

1000万円以下の買い取りに特化したファクタリング!!

事業資金エージェントは電話1本で申し込めることが特徴的なファクタリングサービスです。

事業資金エージェントであれば電話だけで素早く対応してもらえるため、ネットの扱いが不慣れな人でも安心です。

しかも最短2時間での入金が可能となっています。

最小10万円上限無制限で買取対応しているため、幅広い会社が資金調達のために利用しやすいこともポイントです。

1.5%〜と低い手数料で利用できるので、手数料も他のファクタリング会社とくらべても業界トップレベルです!

基本情報

即金可能額 10万円〜無制限
入金まで 最短2時間
買取手数料 1.5%〜

アクセルファクター

アクセルファクター

ファクタリングするならまずはじめに

アクセルファクターの「買取上限は1億円」なのでまとまった資金が必要な時も安心です。「審査通過率も90%以上」と非常に高いため多くの中小企業・個人事業主から支持されています。

買取代金は「最短即日で振り込まれる」ので、スグに資金が必要な経営者にとって非常に利便性が高くなっています。「手数料はわずか2%~」と非常に安いため、多くの事業主様が利用しています。

売掛債権の売却を考えているならまずはじめに利用しておきたいファクタリング業者です。

アクセルファクター基本情報

即金可能額 30万円~無制限
入金まで 最短2時間
買取手数料 2%~

ファンドワン

ファンドワン

ファンドワンは7つの融資商品から資金調達プランを選べます!

ファンドワンは、資金面で不安を覚える中小企業経営者の皆さまのニーズに耳を傾け、事業資金問題に携ってきた経験豊富なスタッフが、最適のプランを提案しています。

近年注目を集める売掛債権担保にも対応しており、売り掛け先への通知もなく、必要なキャッシュを迅速に調達します。

売掛債権担保の場合、即日30万円〜5000万円の融資が可能です!

基本情報

即金可能額 5000万円以内
入金まで 最短即日
利率 年利5.00%~18.0%以下


LINK(リンク)

リンク

最短60分で契約締結!資金繰り改善ならLINK!

LINKのファクタリングは「最短60分のスピード買取が可能」です。

手数料は業界最低水準の1.5%~となっています。

LINKは初めての利用の人にも分かりやすくAI用いた「10秒で終わる無料診断」を行っています。ファクタリングが利用できるのかスグにわかります。

法人・個人事業主どちらも利用できるので、初めてファクタリングを利用したい方などにおすすめです。

他社からのLINKへお乗り換えを希望される方には、手数料引き下げをなど 様々な特典があります。

初心者から乗り換えまで幅広く対応している会社といえましょう。

LINK基本情報

即金可能額 5000万円
入金まで 最短60分
買取手数料 1.5%〜

資金調達本舗

資金調達本舗

完全オンラインで非対面完結取

資金調達本舗のファクタリングの良いところは何と言っても、申し込みから取引完了までオンラインで完結することです。

資金調達本舗は電子契約のクラウドサインを取り入れていますから、契約すらも対面不要で、書面にサインをする必要もなく完結します。

つまり全国どこからでもネットで申し込み可能で、オンラインで簡単に問い合わせたり契約できることを意味します。

また忙しくて時間が取れなかったり、急に資金が必要になった場合でも、焦らず確実に資金の確保実現を目指せるのがファクタリングの魅力的で、資金調達本舗の見逃せないポイントです。

資金調達本舗基本情報

即金可能額 下限・上限なし
入金まで 最短2時間
買取手数料 2%~

Cool Pay

coolpay

独自のAIスコアリング審査!オンライン完結の資金調達

CoolPayは最短60分のスピード買取が可能になっています!
請求書を写真でアップするだけで、独自のAIスコアリングによる審査が行われることにより、驚きのスピード買取が実現します!

買取可能額は20万円〜となっており、少額の取引にも対応しているのが特徴です。

法人、個人ともに利用可能となっている使い勝手のいいサービスといえます。

Cool Pay基本情報

即金可能額 20万円~
入金まで 即日振込
買取手数料 2%~

ペイブリッジ

paybridge

広告・IT業界専門の資金調達サービスはペイブリッジ

創業12年になる老舗ファクタリング会社ペイブリッジは広告・IT業界専門にサービス展開をしており、手数料は0.5%〜と業界最安値となります。

また5万件以上の実績もあり安心して利用できるのもメリットです。
オンラインまたは来店どちらでも契約可能となっており最短2時間で資金調達できるスピード感も魅力的です。
審査通過率も95%と高い水準なので他社で断られてしまった方なども一度ペイブリッジに相談してみて下さい。

基本情報

即金可能額 下限不明〜3億円
入金まで 最短即日
買取手数料 0.5%〜上限不明

QuQuMo

ququmo

手数料安さ業界トップクラス!完全オンライン型ファクタリング!

QUQUMOは完全オンライン型のファクタリングサービスを展開しています。
契約完了まで「最短2時間」というスピードが特徴です。

時間が早いだけではありません。手数料も1%〜と業界トップクラスの安さを誇ります。

また事務手数料無料、債権譲渡登記も不要です。

必要な書類は「請求書」「通帳のコピー」の二点のみ。と非常に手軽です。

今すぐ現金が欲しい!手数料はなるべく抑えたい!

そんな風に思っている方におすすめのファクタリング業者です。

QuQuMo基本情報

即金可能額 〜1億円
入金まで 最短2時間
買取手数料 1%~

MSFJ

MSFJ

成功者に選ばれるファクタリング会社MSFJ

MSFJでは選べる3つのプランから自分にあったプランを選択できます!

プランごとに特徴が分かれており以下の通りとなっています。

クイックプラン・・限度額100万円まで 手数料3.8%~ 審査スピード 1営業日

プレミアムプラン・・限度額 5,000万円まで 最低手数料 1.8%~  審査スピード 最短1営業日

個人事業主プラン・・限度額 10万円~500万円まで 最低手数料 3.8%~9.8% 審査スピード 最短当日振込

基本情報

即金可能額 10万円〜5000万円
入金まで 最短即日
買取手数料 1.8%〜上限不明

株式会社No.1

ファクタリング会社「株式会社NO.1」の特徴・メリットを徹底解説・申し込みから入金までを説明

満足度95%オーバー!スピード契約なら株式会社No.1

株式会社No.1の魅力はなんと言ってもそのスピード感です!業界最速のスピード審査で不安な審査の時間を一瞬で終わらせます。

さらに少額の10万円から利用できるので債権の額が低い個人事業主の方にも利用しやすいです。

手数料も1%〜で利用できるので安価に抑えられます。

9時から20時までと遅くまで営業しているので仕事が終わるタイミングでも申し込みいただけます。

株式会社No.1の圧倒的に早い入金スピードをぜひ体験ください。

基本情報

即金可能額 10万円〜5000万円
入金まで 最短即日
買取手数料 3%〜15%

ネクストワン

ネクストワン

金融業界に精通したスタッフが対応!成約率96%!

ネクストワンは最短即日の資金調達が可能でその契約率は96%と様々な売掛債権を買い取ってくれます。オンラインで完結のため全国どこでも申し込み可能です。

手数料も業界最安水準の1.5%〜からとなっており初めてのファクタリング利用にもおすすめです。

またスタッフは元銀行員など金融業界に精通した資金調達のプロたちが対応してくれます。そのためファクタリング以外の資金調達やその他会社経営に対すコンサルティングにも期待できます。

基本情報

即金可能額 30万円〜上限なし
入金まで 最短即日
買取手数料 1.5%〜10%

ファクタリング福岡

ファクタリング福岡

福岡に拠点をおき九州から西日本地域に特化!

ファクタリング福岡が選ばれる理由は最安手数料が1.5%〜となっており業界でも最安の水準となり30万円〜無制限の買取可能金額により幅広い利用者に向けサービス展開しているためです。

もちろん法人・個人に対応しており、資金調達まで最短即日のスピード感も持ち合わせています。福岡に拠点を置き、九州地方の会社や西日本を中心とした会社に特化してサービス展開しているのでその地域の方にはおすすめです!

基本情報

即金可能額 30万円〜無制限
入金まで 最短即日
買取手数料 1,5%〜

コメント