個人事業主,経営者必見の資金繰り!融資以外の資金調達方法5選!

個人事業主,経営者必見の資金繰り!融資以外の資金調達方法5選! 基礎知識

個人事業主が知っておくべき資金調達,資金繰りの基礎知識

個人事業主として事業を開始して、誰もが直面するのが資金繰り、資金調達の問題です。
開業時にまとまった資金が必要な業種だけではなく、事業を運営する上で突発的に資金が必要になることも沢山あります。また、資金ショートの危機に直面することもあるでしょう。
資金難に陥ってから資金調達について調べるのではなく、事前に知識を持っておくことは非常に重要です。

検索ワードの中にも、個人事業主 運転資金 融資、コロナ 融資 個人事業主 いつまで、日本政策金融公庫 個人事業主、個人事業主 資金ゼロなどの補助ワードが並んでいます。

個人事業主として、事業上で緊急の対応が必要なときは何を基準に動けばよいでしょうか?
そんなときは、まずただただ日々忙しく働くより、新しい一手を打つための時間を確保してください。
そこで本記事では、個人事業主が知っておくべき資金調達と資金繰りをご紹介します。

個人事業主と資金調達

個人事業主と資金繰り

個人事業主が資金調達を必要とするのは、まず開業時です。
業種によって必要な金額は異なりますが、開業時は準備のために車やパソコン、備品、仕入れ費用、事務所や店舗の家賃も必要でしょう。また、事業が軌道にのるまでの数か月間の生活費も考慮しておくと安心です。

開業後は、売り上げ拡大に伴う仕入れ費の増加や、突発的な備品購入が発生します。また、事業拡大のために設備投資が必要になるケースも。
開業時と開業後、ステージによって適した資金調達方法がありますので、順番にみていきましょう。

開業時の資金調達

開業時の資金調達の基本は自己資金。退職金や貯金で補うのが理想です。しかし、飲食店や美容室を開業する場合は大きな設備が必要になり、自己資金だけではまかないきれないケースもあるでしょう。そんな時に借入先として候補にあがるのが、日本政策金融公庫と自治体の制度融資です。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は政府が100%出資する金融機関で、個人事業主や中小企業などスモールビジネスの支援を目的としています。

日本政策金融公庫からの借入は、個人事業主にとって多くのメリットがあります。銀行や信用金庫からの融資を断られても、日本政策金融公庫に申し込んだら審査に通ったという話もあります。さらに日本政策公庫から借入・返済を完了すると、それが実績となり信用が増します。日本政策金融公庫で再度借入する際に金利が優遇されるだけではなく、銀行など他の金融機関からも資金を借りやすくなる点も魅力です。
参考:日本政策金融公庫とは?利用の際のメリット・デメリットを解説!ファクタリングとも比較!

自治体の制度融資

制度融資とは、地方自治体・金融機関・信用保証組合の三組織が提供する融資のことです。日本政策金融公庫と同じく、個人事業主など小規模事業者の資金調達サポートを目的としており、長期・低金利で借入できる点が魅力です。

各自治体によって制度融資の内容や金利、条件は異なるため、詳しくはお住いの地域の自治体に問い合わせをしてみるといいでしょう。
参考:2022年最新!コロナ関連の給付金・助成金を一覧でまとめてみた!個人・法人それぞれ紹介!

クラウドファンディング

新商品・サービスを開発した際、市場でどれくらい受け入れられるのかマーケティングも兼ねてクラウドファンディングを活用する方法もあります。
クラウドファンディングとは、インターネットを介して第三者から資金を募る方法で、融資とは違った特徴とメリットがあります。
事業開始前のサービス・商品の需要調査(プレマーケティング)として活用したい場合は、Makuake(マクアケ)やReadyforがお勧めです。

開業後の資金調達

開業後、事業拡大や新規事業に資金が必要な場合も、日本政策金融公庫と制度融資がお勧めです。
創業支援だけではなく、様々な融資メニューを提供しています。

新規取引のための仕入れや備品購入の資金、取引先の広告費の建替など、出来るだけ早く資金が必要な場合は、ビジネスローンやファクタリング、クレジットカードの活用がお勧めです。

個人が資金繰りに悩んだときにできる資金調達方法

資金調達

資金繰りに悩んだとき、個人でもできる資金調達方法は、大まかに分けて下記のようなものが考えられます。

それぞれについて見ていきましょう。

  • 金融機関からの融資
  • ビジネスローン
  • ファクタリング
  • クラウドファンディング
  • 補助金・助成金の活用

金融機関からの融資

個人でもできる資金繰り手段の一つ目は、金融機関から融資を受けることです。

一口に融資といっても、政府系から地域密着型までさまざまな金融機関が融資を取り扱っています。

  • 日本政策金融公庫
  • 信用保証協会の保証付き融資
  • 信用金庫・信用組合

融資の審査通過率を上げるポイント

個人が融資を申しこむ場合は信用力がネックになることがあります。

信用力の低さは、法人が設立までさまざまな手続きを経るのに対し、個人事業主は開業届を出すだけで設立できるというハードルの低さなど様々なです。

ただ、ポイントを押さえることで、融資の審査通過率を上げることもできます。

個人が融資の審査通過率を上げるポイントは、主に次の3つです。

  • 青色申告の承認を受ける
  • 事業計画は明確にアピールする
  • 求められた必要書類を提出する

参考:銀行融資が通らないワケは?金利が低い銀行融資の審査に受かる方法|法人・個人事業主必見!仕組みを理解して改善しましょう!

ビジネスローン

個人の資金繰り方法には、ビジネスローンによる資金調達手段もあります。

ビジネスローンは審査の許容範囲を広げた融資商品であり、銀行、信用金庫、信用組合以外に、ノンバンク、クレジットカードなど幅広い機関が取り扱っています。

ビジネスローンによっては、個人事業主のみが利用できる商品もあります。

ビジネスローンのメリットは審査に通りやすく、審査スピードも速いことです。

また、種類によっては最短即日融資が可能なものや、利用限度額の範囲内であれば何度も借入ができるもの、あるいはコンビニのATMから借入・返済ができるなど、手軽に利用できるものもあります。

一方、銀行融資に比べ平均年率15.0%程度と、金利が高いのがデメリットです。

加えて融資額も50万円以下と少なめなのが一般的です。

融資スピードが早いので、ひとまずの資金調達に活用はできても、継続的な利用は利息負担を考えると、かえって資金繰り悪化につながることもあるので注意しましょう。

ファクタリング

未入金の請求書(売掛金)がある場合は、ファクタリングを利用することで現金化することができます。

商品・サービス購入から支払いまでのタイムラグが、時に個人事業の資金繰りを圧迫することがあります。融資を申し込むほどではなくとも、ある程度のまとまった資金が必要な際にファクタリングは有効です。

最近はWebで全てが完結するファクタリングも人気で、フリーランスや個人事業主に特化したサービス提供をするファクタリング会社もあります。
ビジネスローンと同じく、無担保で審査完了から即日最短で振り込まれるスピード感が特徴です。ビジネスローンと異なる点は、負債にならないことです。借入は「負債」になりますが、ファクタリングは資産の現金化のため負債にならないのです。

しかし、なかには悪質な業者も存在するため、よく仕組みを知った上でファクタリング会社を選ぶことが重要です。

参考:ファクタリングとは?ファクタリングの仕組みをわかりやすく解説!メリット・デメリットを理解しよう
参考:個人事業主・フリーランスにおすすめの即日ファクタリング会社ランキングTOP5!

クラウドファンディング

近年、資金調達手段として活用されることが多いのがクラウドファンディング。インターネットを介して不特定多数の人に財源の提供や協力などを得て、資金を調達する方法です。

参入の敷居が低いため、個人でも気軽にプロジェクトを投稿しやすいのがメリットです。

デメリットとしては、クラウドファンディングの場合、実際にいくら資金が集まるかは始めてみなければわからないことが挙げられます。

場合によってはまったく資金が集まらないこともあるかもしれません。

しかし、資金を何に使うか、出資した人に何を還元するかという部分が魅力的であれば、高額な資金調達を実現できる可能性もあるでしょう。

また、現在クラウドファンディングのサイトはさまざまな種類があります。情報を集め、自分に合ったサイトを利用することも大切です。

補助金・助成金の活用

補助金や助成金は、国や地方自治体が、政策を実現する個人や法人を支援する制度です。

補助金や助成金も返済を必要としない資金調達手段で、要件を満たせば受給できるものもあります。

個人が申請できる補助金や助成金には、「小規模事業者持続化補助金」や「ものづくり補助金」、「キャリアアップ助成金」、「人材開発支援助成金」などがあります。

ただし、補助金や助成金によっては、予算や募集人数の上限があるものも。審査が厳しい場合もあり、申請しても必ず受給できるとは限らないことに留意しましょう。

また提出書類が多く、作成に時間がかかるのもデメリットといえます。必要であれば、社労士など専門家の力を借りるのも効果的です。
参考:2022年最新!コロナ関連の給付金・助成金を一覧でまとめてみた!個人・法人それぞれ紹介!

個人事業主は経営環境が激変した場合にまず何をすべきか?

新たな環境で生きる道を探すための資金繰り

個人事業主の場合、取り巻く環境の激変により前に進むかどうかは最終的には自らの決断によるしかありません。前に進まないという決断を早急に下すことは難しいですが、見極めの決断は早いに越したことはありません。ここでは、将来に向かって今なすべきことを短期的視点から考えていきます。

事業を存続させると意思決定したら、新たな環境でできることをしながら少しでも先を読み、新たな判断をし続けていくことになります。その中で、最優先事項としてキャッシュフローの改善に取り組み、倒産を食い止める応急措置を施さなくてはなりません。

資金繰りの主たる役割は、「支払に困らない」ようにすることです。事業の運営では、仕入→売上→支払→入金の順になることがほとんどですので、資金繰りによりこのお金の流れを止めないようにするのです。

まずは、資金繰りとキャッシュフローについて簡単に説明します。資金繰りとは、「お金のやり繰り」のことです。そしてキャッシュフローとは、「お金の流れ」のことです。ここでは、「キャッシュフローを分析して資金繰りを改善する」ことに着目していきます。

損益計算書で見えないものが見える?資金繰り表の重要さ

損益計算書は最終的に事業の利益を計算しますが、収支が黒字でも倒産する場合、赤字でも倒産しない場合があります。なぜでしょうか?その理由は信用経済とキャッシュフローのしくみにあります。今は店舗での物品販売でさえカード払いが多くなり、多くの取引が掛け取引となっています。いくら売上を上げてもお金が入ってこなければ倒産しますし、売上がほとんどないにもかかわらず2か月前の売掛金が入金され預金がうるおうこともあるからです。

原則として損益計算書は、発生主義による期間損益計算をするしくみとなっており、他との比較もできて客観性に優れています。さらには、課税の公平性も確保できるメリットもあります。しかし、発生主義による売上とその回収の間に「ズレがあること」が資金不足の主な原因となるのです。個人事業主は、この「ズレ」がいかほどかを常に把握しておかなければなりません。

そこで発生主義ではなく、現金主義で作成する資金繰り表が役に立ちます。下の図は簡単な資金繰り表のフォーマットですが、事業にあわせて手形やカードの未払い金、前払金などを追加します。売掛金や買掛金について気になる会社があれば、A社売掛金、B社買掛金など独立の項目を作ったり、給付金の予定がある場合には給付金という項目を追加したり、現状に即した資金繰り表にしましょう。会社の業務に合ったフォーマットは運用しながら変わっていっても問題ありません。資金繰り表は損益計算書より自由度が高いといえます。

10283a

上の表で、黄色い部分は入金項目、青い部分は出金項目となっていますので下の式が成り立ちます。

現預金の前月繰越額 + (黄色い部分の合計) - (青い部分の合計)
= 現預金の翌月繰越額

資金繰り表は一般に事前の対策として作成しますが、いきなり作成するのは難しいので過去数か月分ぐらいのキャッシュフローを把握してから今後のキャッシュフローを予測するほうがやりやすいと思います。また、資金繰りと損益計算書との差額を認識するために、売上高などを記入しておくとわかりやすいです。そして、まずは6か月先ぐらいまでの大まかな資金繰り計画を作成しましょう。

参考:中小企業はキャッシュフローが重要?中小企業だからこそキャッシュフロー計算書を作ろう

よくある質問

Q.日本政策金融公庫 個人事業主 いくらまで?
A.最高で14億4,000万円まで借りられます。
Q.事業者の資金調達方法は?
A.金融機関からの融資、ビジネスローン、ファクタリング、クラウドファンディング、補助金・助成金の活用が主な資金調達方法です。
Q.個人事業主も銀行融資を受けられますか?
A.はい。可能です。
Q.融資にはどのような種類がある?
A.日本政策金融公庫、信用保証協会の保証付き融資、信用金庫・信用組合などが挙げられます。
Q.創業融資のやり方は?
A.日本政策金融公庫の創業融資を流れとしては大まかに下記の様になります。
  • 日本政策金融公庫にアポイントを入れる
  • 日本政策金融公庫の支店に訪問する。
  • 融資の申し込み
  • 必要書類の準備と提出
  • 日本政策金融公庫の融資担当者と面談
  • 日本政策金融公庫で融資審査
  • 結果(融資実行or 融資不可)

以上が流れになります。次に必要資料を下記に記載します。

個人事業主でできる資金繰り方法まとめ

個人ができる資金繰り方法には、融資やローンによる借入や、ファクタリングなどさまざまな手段があります。

なかでも、ファクタリングは最短で即日中に現金が得られるため、急ぎの資金調達にも対応できます。

また、時間に余裕があればクラウドファンディングや、補助金・助成金の申請に取り組むのもよいでしょう。

ただし、それぞれにメリットもあれば、デメリットもあります。注意点を踏まえた上で、どの方法が今の状況に適しているかを見極め活用していきましょう。

合わせて読みたい!個人事業主関連記事

即日買取と満足を実現する優良ファクタリング業者

ファクタリングは、あなたの持っている請求書・発注書・契約書などの「売掛債権を買い取る」サービスです。

お金は最短当日に受け取れるので、いまスグ現金が欲しい方の資金調達方法として法人・個人事業主問わず絶大な支持を得ています。

ファクタリング利用を考えているなら、即日即金高額買取来店不要ノートラブルを実現する、大手優良ファクタリング業者を利用することが失敗しないコツです。

ただ数多くのファクタリング会社があるので、どこを選べばいいのか迷うこともあると思います。

どこがいいのか分からない…そんな方は、下記の優良保証・厳選ファクタリング会社を利用するといいでしょう。

プロテクトワン

protect1

個人事業主に特化したサービスも提供!原則即日入金!

手数料率1.5%〜と業界でもトップクラスの低さです!審査通過率も96%以上なので審査の柔軟さも魅了です。

完全オンライン契約が可能ですが、希望があれば来店や訪問での取引も可能!

個人事業主に特化したサービスも評判が良く、売掛金も10万円から買取可能で個人やフリーランスの悩みに親密に答えてくれます。

さらにプロテクトワンは原則即日入金に対応しているのでお急ぎでの資金調達を希望の際はプロテクトワンに決まりです!

プロテクトワン基本情報

即金可能額 10万円~1億円
入金まで 最短1時間
買取手数料 1.5%~


ベストファクター

ベストファクター

ネット完結で超お手軽に請求書を買取

ベストファクターは申し込み画面から請求書を送るだけで簡単に現金化ができます。

さらに新サービスの注文書買取サービスは仕事を受ける前の「受注書・契約書」をお金にすることができるため、経営者・個人事業主から大きな支持を得ています。

担保や保証人は不要、手数料も優良店の証である最低手数料2%~を実現sのネット完結・最短翌日に入金なのでファクタリングを始めようかなと思っている方に心からおススメできる優良企業です。

ベストファクター基本情報

特色 請求書以外に仕事前の受注書・契約書・発注書の買取が可能
入金まで 最短24時間
買取手数料 2%~

紹介記事:ベストファクターの特徴を徹底考察!評判・口コミは?


LINK(リンク)

リンク

最短60分で契約締結!資金繰り改善ならLINK!

LINKのファクタリングは「最短60分のスピード買取が可能」です。

手数料は業界最低水準の1.5%~となっています。

LINKは初めての利用の人にも分かりやすくAI用いた「10秒で終わる無料診断」を行っています。ファクタリングが利用できるのかスグにわかります。

法人・個人事業主どちらも利用できるので、初めてファクタリングを利用したい方などにおすすめです。

他社からのLINKへお乗り換えを希望される方には、手数料引き下げをなど 様々な特典があります。

初心者から乗り換えまで幅広く対応している会社といえましょう。

LINK基本情報

即金可能額 5000万円
入金まで 最短60分
買取手数料 1.5%〜

紹介記事:LINK(リンク)の特徴を徹底考察!評判・口コミは?


けんせつくん

けんせつくん

建設業界専用ファクタリング会社のけんせつくん

けんせつくんは建設業界に特化したファクタリング会社です。

建設業界の事情に精通したスタッフが対応してくれるので安心な上、けんせつくんはスマートフォンさえあれば簡単に申し込むことが可能です。

法人化している会社だけでなく個人事業主でも利用できるため、一人親方などでも安心して利用することができます。

嬉しいことに売掛債権の買取金額に制限がなく、少額からでも依頼可能です。土日祝日も対応してもらえるので、不規則な働き方になることが多い建設業界の方でもスムーズに利用できます。

基本情報

即金可能額 下限・上限なし
入金まで 最短2時間
買取手数料 5%〜
 

Easy factor/イージーファクター

easy factor(イージーファクター)

easy factor(イージーファクター)は、人気の優良ファクタリング会社株式会社NO.1が運営するオンライン完結型のファクタリングサービスになります。

イージーファクターの魅力は、申し込みから契約・入金までのスピードが他社に比べて非常に早い点や、発生する手数料が一般的なファクタリング会社に比べて非常に低いといった点を挙げることができます。

オンラインで全て完結させることができるので、手続きがしやすい点もイージーファクターの強みになります。

基本情報

即金可能額 50万円〜5000万円
入金まで 最短60分(最短10分で見積提示)
買取手数料 2%〜8%
 

Terasu(テラス)

テラス

テラスのファクタリングは豊富なサービス種類と対応可能な業種多数!

テラスは診療報酬、介護報酬、経営支援コンサルティングなどの様々な種類のファクタリングサービスを展開しています。

そのため多種多様な業種に対応しており、幅広い利用者がいます。

他社からの乗り換えプランなどもあるので初めての方から現在利用中の方までおすすめです。

無料30秒診断で利用の可否がすぐにわかるので試してみましょう。

基本情報

即金可能額 下限〜上限なし
入金まで 最短即日
買取手数料 5%〜
 

ファンドワン

ファンドワン

ファンドワンは7つの融資商品から資金調達プランを選べます!

ファンドワンは、資金面で不安を覚える中小企業経営者の皆さまのニーズに耳を傾け、事業資金問題に携ってきた経験豊富なスタッフが、最適のプランを提案しています。

近年注目を集める売掛債権担保にも対応しており、売り掛け先への通知もなく、必要なキャッシュを迅速に調達します。

売掛債権担保の場合、即日30万円〜5000万円の融資が可能です!

基本情報

即金可能額 5000万円以内
入金まで 最短即日
利率 年利5.00%~18.0%以下
 

MSFJ

MSFJ

成功者に選ばれるファクタリング会社MSFJ

MSFJでは選べる3つのプランから自分にあったプランを選択できます!

プランごとに特徴が分かれており以下の通りとなっています。

クイックプラン・・限度額100万円まで 手数料3.8%~ 審査スピード 1営業日

プレミアムプラン・・限度額 5,000万円まで 最低手数料 1.8%~  審査スピード 最短1営業日

個人事業主プラン・・限度額 10万円~500万円まで 最低手数料 3.8%~9.8% 審査スピード 最短当日振込

基本情報

即金可能額 10万円〜5000万円
入金まで 最短即日
買取手数料 1.8%〜上限不明

アクセルファクター

アクセルファクター

ファクタリングするならまずはじめに

アクセルファクターの「買取上限は1億円」なのでまとまった資金が必要な時も安心です。「審査通過率も90%以上」と非常に高いため多くの中小企業・個人事業主から支持されています。

買取代金は「最短即日で振り込まれる」ので、スグに資金が必要な経営者にとって非常に利便性が高くなっています。「手数料はわずか2%~」と非常に安いため、多くの事業主様が利用しています。

売掛債権の売却を考えているならまずはじめに利用しておきたいファクタリング業者です。

アクセルファクター基本情報

即金可能額 1億円
入金まで 最短2時間
買取手数料 2%~

ペイブリッジ

paybridge

広告・IT業界専門の資金調達サービスはペイブリッジ

創業12年になる老舗ファクタリング会社ペイブリッジは広告・IT業界専門にサービス展開をしており、手数料は0.5%〜と業界最安値となります。

また5万件以上の実績もあり安心して利用できるのもメリットです。
オンラインまたは来店どちらでも契約可能となっており最短2時間で資金調達できるスピード感も魅力的です。
審査通過率も95%と高い水準なので他社で断られてしまった方なども一度ペイブリッジに相談してみて下さい。

基本情報

即金可能額 下限不明〜3億円
入金まで 最短即日
買取手数料 0.5%〜上限不明

株式会社No.1

ファクタリング会社「株式会社NO.1」の特徴・メリットを徹底解説・申し込みから入金までを説明

満足度95%オーバー!スピード契約なら株式会社No.1

株式会社No.1の魅力はなんと言ってもそのスピード感です!業界最速のスピード審査で不安な審査の時間を一瞬で終わらせます。

さらに少額の10万円から利用できるので債権の額が低い個人事業主の方にも利用しやすいです。

手数料も1%〜で利用できるので安価に抑えられます。

9時から20時までと遅くまで営業しているので仕事が終わるタイミングでも申し込みいただけます。

株式会社No.1の圧倒的に早い入金スピードをぜひ体験ください。

基本情報

即金可能額 10万円〜5000万円
入金まで 最短即日
買取手数料 3%〜15%

事業資金エージェント

MSFJ

最短3時間で事業資金を資金調達可能!

事業資金エージェンとは500万円以下の申し込みの場合最短3時間で資金調達が可能なとてもスピード感のあるサービス展開をしています。

20万円からの少額の資金調達にも特化しており他社と比べて少額契約の場合の手数料は大幅に低い水準となっています。

万が一の時に備えた見積もりや相談だけでもOKなので一度自社の売掛債権がいくらになるのか確かめるのもおすすめです。

基本情報

即金可能額 20万円〜1億円
入金まで 最短即日
買取手数料 1.5%〜20%

Cool Pay

coolpay

独自のAIスコアリング審査!オンライン完結の資金調達

CoolPayは最短60分のスピード買取が可能になっています!
請求書を写真でアップするだけで、独自のAIスコアリングによる審査が行われることにより、驚きのスピード買取が実現します!

買取可能額は20万円〜となっており、少額の取引にも対応しているのが特徴です。

法人、個人ともに利用可能となっている使い勝手のいいサービスといえます。

Cool Pay基本情報

即金可能額 20万円~
入金まで 即日振込
買取手数料 2%~
 


ネクストワン

ネクストワン

金融業界に精通したスタッフが対応!成約率96%!

ネクストワンは最短即日の資金調達が可能でその契約率は96%と様々な売掛債権を買い取ってくれます。オンラインで完結のため全国どこでも申し込み可能です。

手数料も業界最安水準の1.5%〜からとなっており初めてのファクタリング利用にもおすすめです。

またスタッフは元銀行員など金融業界に精通した資金調達のプロたちが対応してくれます。そのためファクタリング以外の資金調達やその他会社経営に対すコンサルティングにも期待できます。

基本情報

即金可能額 30万円〜上限なし
入金まで 最短即日
買取手数料 1.5%〜10%

トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイ

クラウド契約で自宅にいながらスピーディーな資金調達が可能

トラストゲートウェイは業界最安水準の手数料率を誇り保証人や担保も不要なファクタリングサービスです。

トップクラスの買取率でリーピート率も98%以上!

全てオンラインで完結するため来店は不要ですし、審査通過率も驚異の95%です。
そのため大手で利用を断られてしまった場合などもトラストゲートウェイで利用可能な実績も多数あります。

初めての利用から他社からの乗り換えにも適した優良会社です。

基本情報

即金可能額 10万円〜5000万円
入金まで 最短即日
買取手数料 3%〜10%

エスコム

scom

「安心・効率的・迅速」をコンセプトの優良会社エスコム!

エスコムは 顧客満足度98.5%!成約率87.5%!乗り換え満足度92.7%

と利用者からの好評の優良ファクタリングサイトです。

手数料も1.5%〜となっており業界最安水準です。また二社間三社間共に対応しおり、介護報酬や診療報酬にも対応しているため初心者から利用中の方まで幅広い層の利用者から支持されています。

基本情報

即金可能額 30万円〜1億円
入金まで 最短即日
買取手数料 1.5%〜12%

トライ

トライ

全国対応で即日入金のファクタリング会社トライ

トライのファクタリングは徹底した秘密厳守を約束してくれ、2社間ファクタリングでも取引先に知られる事なく、資金調達が可能です。

さらに良心的な手数料が設定されており、これまでの実績を生かしたスピード審査で最短即日入金が可能となります。

個人事業主や介護報酬ファクタリングにも対応しているのでどなたでも申し込みいただけます。

全国対応のオンラインファクタリングを見積もりだけでもとってみては如何でしょうか。

基本情報

即金可能額 10万円〜5000万円
入金まで 最短即日
買取手数料 3%〜15%

ファクタリングZERO(ゼロ)

ZERO

西日本の企業に対応特化したZEROのファクタリングサービス!

ゼロのファクタリングは最短即日資金調達が可能、来店不要のオンライン型、診療報酬や介護報酬にも対応しており、幅広い利用者がいます。

そんなゼロは「西日本の企業向けに展開」されており、東日本側の企業は残念ながら利用できません。地域密着型だからこそのサービスとなっております。

基本情報

即金可能額 20万円〜5000万円
入金まで 最短即日
買取手数料 1.5%~10%

トップマネジメント

トップマネジメント

実績は45000件以上!安心のサービス

トップマネジメントは安全オンラインでファクタリングサービスを利用できます

そのため全国どこの企業様も利用することが可能です。

また豊富な資金力が売りで最大買取金額は3億円となり小さな資金需要から大きなものまで幅広い対応をしてくれます。

またプラン設定も豊富に揃えているため、利用者の状況にあった様々なファクタリングサービスを受けることが可能になっています。

初めての方から現在、他社を利用中の方までおすすめです。

基本情報

即金可能額 30万円〜3億円
入金まで 最短即日
買取手数料 2者間3者間ともに3.5〜12.5%(ゼロファク利用時最大10%の優遇措置あり)

ファクタリング福岡

ファクタリング福岡

福岡に拠点をおき九州から西日本地域に特化!

ファクタリング福岡が選ばれる理由は最安手数料が1.5%〜となっており業界でも最安の水準となり30万円〜無制限の買取可能金額により幅広い利用者に向けサービス展開しているためです。

もちろん法人・個人に対応しており、資金調達まで最短即日のスピード感も持ち合わせています。福岡に拠点を置き、九州地方の会社や西日本を中心とした会社に特化してサービス展開しているのでその地域の方にはおすすめです!

基本情報

即金可能額 30万円〜無制限
入金まで 最短即日
買取手数料 1,5%〜
 

QuQuMo

ququmo

手数料安さ業界トップクラス!完全オンライン型ファクタリング!

QUQUMOは完全オンライン型のファクタリングサービスを展開しています。
契約完了まで「最短2時間」というスピードが特徴です。

時間が早いだけではありません。手数料も1%〜と業界トップクラスの安さを誇ります。

また事務手数料無料、債権譲渡登記も不要です。

必要な書類は「請求書」「通帳のコピー」の二点のみ。と非常に手軽です。

今すぐ現金が欲しい!手数料はなるべく抑えたい!

そんな風に思っている方におすすめのファクタリング業者です。

QuQuMo基本情報

即金可能額 〜1億円
入金まで 最短2時間
買取手数料 1%~
 

コメント