下請法って何?ファクタリングへの影響は?覚えておくべきポイント7つを徹底解説!

下請法とは?ファクタリングへの影響は? 資金調達
  1. 親事業者の売掛債権はファクタリングできる?
  2. ファクタリングへ影響を与える下請法とは
    1. 下請法が作られた背景
  3. 下請法による親事業者の義務と禁止事項
    1. 親事業者の下請事業者に対する4つの義務
    2. 親事業者の下請事業者に対する禁止事項
  4. 親事業者が禁止されているファクタリング利用を邪魔する行為
    1. 下請代金の支払遅延の禁止
    2. 下請代金の減額の禁止
    3. 返品の禁止
    4. 報復措置の禁止
    5. 有償支給原材料等の対価の早期決済の禁止
    6. 割引困難手形の交付の禁止
    7. 不当な給付内容変更及び不当なやり直しの禁止
  5. 下請事業者がファクタリングを利用するメリット
  6. ファクタリングするなら2社間・3社間、どちらを選択すべき?
  7. 下請業者も安心してファクタリングの利用を!
  8. 下請法とファクタリングまとめ
  9. 即日買取と満足を実現する優良ファクタリング業者
    1. プロテクトワン
    2. ベストファクター
    3. LINK(リンク)
    4. けんせつくん
    5. Easy factor/イージーファクター
    6. Terasu(テラス)
    7. ファンドワン
  10. MSFJ
    1. 成功者に選ばれるファクタリング会社MSFJ
    2. アクセルファクター
    3. ペイブリッジ
    4. 広告・IT業界専門の資金調達サービスはペイブリッジ
    5. 株式会社No.1
    6. 事業資金エージェント
    7. Cool Pay
    8. ネクストワン
    9. 金融業界に精通したスタッフが対応!成約率96%!
    10. トラストゲートウェイ
    11. エスコム
    12. 「安心・効率的・迅速」をコンセプトの優良会社エスコム!
    13. トライ
    14. ファクタリングZERO(ゼロ)
    15. トップマネジメント
    16. ファクタリング福岡
    17. 福岡に拠点をおき九州から西日本地域に特化!
    18. QuQuMo

親事業者の売掛債権はファクタリングできる?

親事業者の売掛債権は、基本的にファクタリング可能です。その証拠に公正取引委員会によって、「ファクタリング契約を拒否することは下請法違反」、「ファクタリング方式を採用したことで、親事業者が下請け業者に不当な扱いをすることは独占禁止法違反」という見解も示されています。

そのため、下請け業者が親事業者の売掛債権をファクタリングしてもまったく問題ありません。

ファクタリングへ影響を与える下請法とは

下請法とは

「下請法」は「下請代金支払遅延等防止法」という正式名称で、1956年に下請取引の公正化し下請事業者の利益を保護することを目的として制定されました。

独占禁止法の特別法であり、所管する官庁は公正取引委員会です。

下請法がつくられたのは、親事業者が下請事業者よりも優位な立場を利用して、業務の委託発注のときに一方的な都合を押し付けたり下請代金を減額したり、支払いを遅延させたりといった不利な契約を結ぶことや取引を防ぐためといえます。

親事業者に公正な取引を守ってもらうことで、下請事業者の利益を保護するための法律が下請法であり、2003年には改正も行われ規制対象拡大や違反行為への強化措置も図られています。

下請法が作られた背景

親事業者が下請事業所に自社の業務を委託して発注する際、親事業所は常に優越的な地位にあるため、ともすれば親事業所の一方的都合で下請事業所に対し無理難題を押し付けがちです。たとえば下請代金を発注後に減額したり、支払を一方的に遅延させたりします。

そこでそのような優越的地位の乱用を防止して、親事業所に公正な取引を図らせ下請事業者の利益を保護するために下請法が制定されました。また2003年には下請法が改正され、規制対象の拡大や違反行為への強化措置が図られています。

下請法による親事業者の義務と禁止事項

義務と禁止事項

下請法は、親事業者が下請事業者に対し果たさなければならない4つの義務と11の禁止事項で構成されています。

どのような義務が課せられ、どのようなことが禁止されているのか、次の2つを説明していきます。

  1. 親事業者の下請事業者に対する義務
  2. 親事業者の下請事業者に対する禁止事項

参照先:公正取引委員会 親事業者の義務

参照先:公正取引委員会 親事業者の禁止行為

親事業者の下請事業者に対する4つの義務

親事業者が下請事業者に果たさなければならない義務は次の4つです。

  • 書面を交付する義務
  • 支払期日を定める義務
  • 書類作成・保存の義務
  • 遅延利息支払いの義務

この中でファクタリングと関係するのは「支払期日を定める義務」であり、親事業所が下請事業者に支払う下請代金の支払期日は、商品やサービスの納品・提供を受領してから60日以内と規定されており、勝手にそれ以上遅らすことを制限しています。

ファクタリング会社に売却する売掛金の支払期日は1~2か月後であることが多いため、下請法による支払期日が守られている売掛金なら安心してファクタリング会社も買い取ることができます。これは下請法が支払い期間に関して効果的に働いていることを示しています。

親事業者の下請事業者に対する禁止事項

親事業者が下請事業者に対し、行ってはいけないこととして定められている禁止事項は次の11の項目です

  1. 受領拒否の禁止
  2. 下請代金の支払遅延の禁止
  3. 下請代金の減額の禁止
  4. 返品の禁止
  5. 買いたたきの禁止
  6. 購入・利用強制の禁止
  7. 報復措置の禁止
  8. 有償支給原材料等の対価の早期決済の禁止
  9. 割引困難な手形の交付の禁止
  10. 不当な経済上の利益の提供要請の禁止
  11. 不当な給付内容の変更及びやり直しの禁止

親事業者が禁止されているファクタリング利用を邪魔する行為

先に述べたとおり、親事業者が守らなければならない下請法の禁止事項のうち、ファクタリングに関連するのは次の7つです。

  • 下請代金の支払遅延の禁止
  • 下請代金の減額の禁止
  • 返品の禁止
  • 報復措置の禁止
  • 有償支給原材料等の対価の早期決済の禁止
  • 割引困難な手形の交付の禁止
  • 不当な給付内容の変更及び不当なやり直しの禁止

それぞれの禁止事項について説明していきます。

下請代金の支払遅延の禁止

イの禁止事項は上記親事業者の果たすべき4つの義務のひとつ、支払期日を定める義務ともリンクしている事項です。

親事業所は下請事業所から物品等を受取りした日、またはサービスを受けた日から起算して60日以内の両社で決めた支払期日までに下請代金を全額支払いしないといけません。当然ですが支払わない、あるいは支払いを遅らすと下請法違反となります。

親事業者としても勝手に支払期日を伸ばせないので、下請事業者が資金調達のため売掛金をファクタンリング会社に譲渡する際、支払い期間が60日以内の売掛金なので業者も安心して買取りできます。

下請代金の減額の禁止

親事業者が発注時に決めた下請代金を、下請事業者の責任に帰する理由がないにもかかわらず、発注後に勝手に減額すると下請法違反となってしまいます。

下請事業者が自社の資金調達のために、ファクタリングを利用しようと業者と譲渡契約を結んだにも関わらず、親事業所に途中で勝手に売掛金の金額を減額されてしまっては、ファクタリング利用中の下請事業者としても困ってしまいますよね。

この禁止事項があることで、売掛金の金額も確定するので、下請事業者も安心してファクタリングを活用することができます。

返品の禁止

親事業所は下請事業者から製品等の納品を受けた後、その製品等の品質や規格外など、明らかに下請事業者の責任に帰する不良品が納品された場合を除き、親事業者の都合で勝手に受領後に返品することはできません。返品すると下請法違反となります。

これは上記、「下請代金の減額の禁止」同様、すでに確定済みの売掛金の金額に影響を与えるので、もし下請事業者がファクタリングを利用しようとしても、その金額が変わるようでは安心して利用できません。

下請法はこのような下請事業者のリスクも減らしているので安心してファクタリングを活用できます。

報復措置の禁止

下請事業所が親事業所の犯した下請法違反を、所管官庁である公正取引委員会、または中小企業庁に知らせた場合、親事業所がその報復として下請事業所に対し取引量を減らすとか取引を停止するなど、不利益な扱いをしたら下請法違反になります。

理由の如何を問わず、取引量の減少とか取引停止は、直接的に売掛金の金額に影響を与えるどころか、売掛金もなしにするので、ファクタリングで資金調達を考えていた下請事業所の資金繰りに大きな影響を与えてしまいます。

最悪の場合、下請事業所を倒産や廃業に至らす行為なので親事業所としても絶対やってはいけません。

有償支給原材料等の対価の早期決済の禁止

取引において、下請事業所が親事業所から製品の発注を受けた際、その製品の製作に必要な原材料等を親事業者から有償で受けて作る場合があります。

ところが親事業所の中には、下請事業所の都合に関係なく、すでに決定済みの下請代金とこの有償で与えた原材料費等を下請代金の支払期日より早めて勝手に相殺(そうさい)してしまう業者がいます。

しかし下請代金の支払期日より前に相殺されてしまうと、下請事業所としてもせっかく当てにしていた売掛金の金額も減らされることになり、ファクタリング利用で必要な額の資金調達ができません。これでは下請事業所も困ってしまいますよね。

下請法では親事業所に対し、このような行為も下請法違反として禁じており、勝手に下請代金を変更することを許していません。

割引困難手形の交付の禁止

ファクタリングとは直接関係はないですが、親事業所は下請事業所に対し下請代金を手形で支払う場合、不当に決済期間の長い支払手形を渡すことを下請法違反として禁じています。

最近は事業者間の決済において、手形はその管理コストや発行・保管の煩わしさから利用がピーク時の10分の1 まで減っていますが、それでも依然として根強い利用があります。

一方手形の利用に代わって新しい決済方法として出てきたのが、電子決済を利用した一括決済サービス(でんさい)、一括支払信託等ですが、徐々にその活用も広がっています。(銀行が電子債権を直接買い取る一括ファクタリングも拡充中)

ただし親事業所は下請法により、仮に下請事業所が一括決済サービス先への加入や利用を拒んだとしても強制することはできないし、さらに下請代金の一部を手形で払うことを下請先が希望すれば応じなければなりません。もちろんその際、利用の拒否を理由に不当に支払い期間の長い手形を切ることも許されません。

もし親事業所から支払期間の長い手形をつかまされても、下請事業所としても困ってしまいます。なぜなら銀行では支払期間の長すぎる手形は、回収リスクの高さから割引を拒否する場合が多いからです。これでは下請事業所が手形を使った割引による融資で十分資金調達することもできません。

このように下請法では、親事業所に割引困難な手形の交付も禁止しているので十分注意して下さい。

不当な給付内容変更及び不当なやり直しの禁止

親事業所は下請事業所に特に責任もないのに、不当に発注の取消や内容変更すること、および受領後のやり直しを命ずることを下請法で厳しく禁止しています。

なぜならこのような行為は下請事業所の利益を不当に害し、ひいては下請代金の金額(売掛金)にも影響するので、下請事業所が資金調達でファクタリングを考えていた場合、利用が困難になります。

このように親事業所は取引を通じて下請事業所の資金繰りにも十分な配慮をしなければなりません。

下請事業者がファクタリングを利用するメリット

ファクタリング

下請事業者という立場で仕事をしていると、手元の資金が乏しくなり、ファクタリングによる資金調達を希望することもあるでしょう。

その場合、親事業者の売掛金を使ってよいか迷うこともあるでしょうが、下請事業者は下請法により守られている立場であり、親事業者は売掛金に関係を及ぼす下請代金など条件を勝手に変更することはできません。

そのため安心して親事業者の売掛金をファクタリングに利用することができますが、それによる次のようなメリットもあります。

  • 下請法により売掛金が確定されるため、ファクタリングを利用することで支払期日を前倒しして手元の資金を増やすことができる
  • ファクタリングを利用することにより下請事業者の資金調達方法を多様化することができる

下請事業者という立場で仕事を請け負う多くは中小の事業者です。

そのため、銀行から融資を受けて資金を調達したくても、赤字経営や資金繰りの厳しい状況から審査が通らず、調達手段を失っているケースも少なくありません。

しかしファクタリングなら、赤字決算でも債務超過でも、さらには税金の滞納があったとしても、信用力の高い売掛金を保有していれば資金調達に活用できます。

資金繰りが厳しくなりやすい下請事業者こそ、ファクタリングによる資金調達の多様化を図り、必要なときにすぐに資金調達できる体制を整備しておいたほうがよいといえるでしょう。

ファクタリングするなら2社間・3社間、どちらを選択すべき?

ファクタリングには、2社間・3社間で行う方法があります。それぞれメリット・デメリットがあるので、状況に合わせて使い分けましょう。

2社間ファクタリングは、債権者とファクタリング事業者間の契約です。
債権譲渡の通知が必要ないため、売掛先に知られることなく債権を現金化できます。スムーズに取引を進められるため、迅速に資金調達したいときにおすすめです。

ただし債権譲渡の登記を行うと、売掛先に債権を譲渡したことを知られる可能性があります。

また売掛金の回収リスクが高くなるため、手数料も高めです。

3社間ファクタリングは、債権者・ファクタリング事業者・売掛先の契約です。手数料が安く、売掛先が倒産した際の貸し倒れリスクもありません。ただし債権譲渡の通知が必要なため、売掛先に債権譲渡について秘密にしたいときには不向きです。売掛先との関係性が悪いと、「資金繰りが悪いのではないか」という不信感を与える可能性もあります。

また3社の合意が必要なため、2社間より工程が複雑です。

二社間ファクタリングでおすすめな会社10選

三社間ファクタリングでおすすめな会社10選

下請業者も安心してファクタリングの利用を!

下請け業者でも、親事業者の売掛債権をファクタリングできます。下請法や独占禁止法で守られているため、遠慮する必要はありません。

親事業者には、以下の遵守が求められます。

  • 下請代金の支払いを遅延しない
  • 下請代金を減額しない
  • 下請事業者に対して不利益な扱いをしない

ファクタリングには、2社間・3社間があります。それぞれの特徴を押さえて、下請業者も安心してファクタリングを利用しましょう。

下請法とファクタリングまとめ

最期にあらためて下請法の下で、下請事業所が受けるファクタリング取引のメリットをまとめます。

  • 下請法があることで、親事業者が下請代金(売掛金)に係る金額等の条件を勝手に変更できないので、下請事業所は安心してファクタリングが利用できる
  • 売掛金が安定することで、下請事業所もファクタリングを利用して支払期日前にタイムリーかつ迅速に資金が手に入る
  • ファクタリングを利用することで下請事業所の資金調達方法が多様化する

この記事が下請法の意義とファクタリングへの影響を知りたい事業者の参考になることを願います。

即日買取と満足を実現する優良ファクタリング業者

ファクタリングは、あなたの持っている請求書・発注書・契約書などの「売掛債権を買い取る」サービスです。

お金は最短当日に受け取れるので、いまスグ現金が欲しい方の資金調達方法として法人・個人事業主問わず絶大な支持を得ています。

ファクタリング利用を考えているなら、即日即金高額買取来店不要ノートラブルを実現する、大手優良ファクタリング業者を利用することが失敗しないコツです。

ただ数多くのファクタリング会社があるので、どこを選べばいいのか迷うこともあると思います。

どこがいいのか分からない…そんな方は、下記の優良保証・厳選ファクタリング会社を利用するといいでしょう。

プロテクトワン

protect1

個人事業主に特化したサービスも提供!原則即日入金!

手数料率1.5%〜と業界でもトップクラスの低さです!審査通過率も96%以上なので審査の柔軟さも魅了です。

完全オンライン契約が可能ですが、希望があれば来店や訪問での取引も可能!

個人事業主に特化したサービスも評判が良く、売掛金も10万円から買取可能で個人やフリーランスの悩みに親密に答えてくれます。

さらにプロテクトワンは原則即日入金に対応しているのでお急ぎでの資金調達を希望の際はプロテクトワンに決まりです!

プロテクトワン基本情報

即金可能額 10万円~1億円
入金まで 最短1時間
買取手数料 1.5%~


ベストファクター

ベストファクター

ネット完結で超お手軽に請求書を買取

ベストファクターは申し込み画面から請求書を送るだけで簡単に現金化ができます。

さらに新サービスの注文書買取サービスは仕事を受ける前の「受注書・契約書」をお金にすることができるため、経営者・個人事業主から大きな支持を得ています。

担保や保証人は不要、手数料も優良店の証である最低手数料2%~を実現sのネット完結・最短翌日に入金なのでファクタリングを始めようかなと思っている方に心からおススメできる優良企業です。

ベストファクター基本情報

特色 請求書以外に仕事前の受注書・契約書・発注書の買取が可能
入金まで 最短24時間
買取手数料 2%~

紹介記事:ベストファクターの特徴を徹底考察!評判・口コミは?


LINK(リンク)

リンク

最短60分で契約締結!資金繰り改善ならLINK!

LINKのファクタリングは「最短60分のスピード買取が可能」です。

手数料は業界最低水準の1.5%~となっています。

LINKは初めての利用の人にも分かりやすくAI用いた「10秒で終わる無料診断」を行っています。ファクタリングが利用できるのかスグにわかります。

法人・個人事業主どちらも利用できるので、初めてファクタリングを利用したい方などにおすすめです。

他社からのLINKへお乗り換えを希望される方には、手数料引き下げをなど 様々な特典があります。

初心者から乗り換えまで幅広く対応している会社といえましょう。

LINK基本情報

即金可能額 5000万円
入金まで 最短60分
買取手数料 1.5%〜

紹介記事:LINK(リンク)の特徴を徹底考察!評判・口コミは?


けんせつくん

けんせつくん

建設業界専用ファクタリング会社のけんせつくん

けんせつくんは建設業界に特化したファクタリング会社です。

建設業界の事情に精通したスタッフが対応してくれるので安心な上、けんせつくんはスマートフォンさえあれば簡単に申し込むことが可能です。

法人化している会社だけでなく個人事業主でも利用できるため、一人親方などでも安心して利用することができます。

嬉しいことに売掛債権の買取金額に制限がなく、少額からでも依頼可能です。土日祝日も対応してもらえるので、不規則な働き方になることが多い建設業界の方でもスムーズに利用できます。

基本情報

即金可能額 下限・上限なし
入金まで 最短2時間
買取手数料 5%〜
 

Easy factor/イージーファクター

easy factor(イージーファクター)

easy factor(イージーファクター)は、人気の優良ファクタリング会社株式会社NO.1が運営するオンライン完結型のファクタリングサービスになります。

イージーファクターの魅力は、申し込みから契約・入金までのスピードが他社に比べて非常に早い点や、発生する手数料が一般的なファクタリング会社に比べて非常に低いといった点を挙げることができます。

オンラインで全て完結させることができるので、手続きがしやすい点もイージーファクターの強みになります。

基本情報

即金可能額 50万円〜5000万円
入金まで 最短60分(最短10分で見積提示)
買取手数料 2%〜8%
 

Terasu(テラス)

テラス

テラスのファクタリングは豊富なサービス種類と対応可能な業種多数!

テラスは診療報酬、介護報酬、経営支援コンサルティングなどの様々な種類のファクタリングサービスを展開しています。

そのため多種多様な業種に対応しており、幅広い利用者がいます。

他社からの乗り換えプランなどもあるので初めての方から現在利用中の方までおすすめです。

無料30秒診断で利用の可否がすぐにわかるので試してみましょう。

基本情報

即金可能額 下限〜上限なし
入金まで 最短即日
買取手数料 5%〜
 

ファンドワン

ファンドワン

ファンドワンは7つの融資商品から資金調達プランを選べます!

ファンドワンは、資金面で不安を覚える中小企業経営者の皆さまのニーズに耳を傾け、事業資金問題に携ってきた経験豊富なスタッフが、最適のプランを提案しています。

近年注目を集める売掛債権担保にも対応しており、売り掛け先への通知もなく、必要なキャッシュを迅速に調達します。

売掛債権担保の場合、即日30万円〜5000万円の融資が可能です!

基本情報

即金可能額 5000万円以内
入金まで 最短即日
利率 年利5.00%~18.0%以下
 

MSFJ

MSFJ

成功者に選ばれるファクタリング会社MSFJ

MSFJでは選べる3つのプランから自分にあったプランを選択できます!

プランごとに特徴が分かれており以下の通りとなっています。

クイックプラン・・限度額100万円まで 手数料3.8%~ 審査スピード 1営業日

プレミアムプラン・・限度額 5,000万円まで 最低手数料 1.8%~  審査スピード 最短1営業日

個人事業主プラン・・限度額 10万円~500万円まで 最低手数料 3.8%~9.8% 審査スピード 最短当日振込

基本情報

即金可能額 10万円〜5000万円
入金まで 最短即日
買取手数料 1.8%〜上限不明

アクセルファクター

アクセルファクター

ファクタリングするならまずはじめに

アクセルファクターの「買取上限は1億円」なのでまとまった資金が必要な時も安心です。「審査通過率も90%以上」と非常に高いため多くの中小企業・個人事業主から支持されています。

買取代金は「最短即日で振り込まれる」ので、スグに資金が必要な経営者にとって非常に利便性が高くなっています。「手数料はわずか2%~」と非常に安いため、多くの事業主様が利用しています。

売掛債権の売却を考えているならまずはじめに利用しておきたいファクタリング業者です。

アクセルファクター基本情報

即金可能額 1億円
入金まで 最短2時間
買取手数料 2%~

ペイブリッジ

paybridge

広告・IT業界専門の資金調達サービスはペイブリッジ

創業12年になる老舗ファクタリング会社ペイブリッジは広告・IT業界専門にサービス展開をしており、手数料は0.5%〜と業界最安値となります。

また5万件以上の実績もあり安心して利用できるのもメリットです。
オンラインまたは来店どちらでも契約可能となっており最短2時間で資金調達できるスピード感も魅力的です。
審査通過率も95%と高い水準なので他社で断られてしまった方なども一度ペイブリッジに相談してみて下さい。

基本情報

即金可能額 下限不明〜3億円
入金まで 最短即日
買取手数料 0.5%〜上限不明

株式会社No.1

ファクタリング会社「株式会社NO.1」の特徴・メリットを徹底解説・申し込みから入金までを説明

満足度95%オーバー!スピード契約なら株式会社No.1

株式会社No.1の魅力はなんと言ってもそのスピード感です!業界最速のスピード審査で不安な審査の時間を一瞬で終わらせます。

さらに少額の10万円から利用できるので債権の額が低い個人事業主の方にも利用しやすいです。

手数料も1%〜で利用できるので安価に抑えられます。

9時から20時までと遅くまで営業しているので仕事が終わるタイミングでも申し込みいただけます。

株式会社No.1の圧倒的に早い入金スピードをぜひ体験ください。

基本情報

即金可能額 10万円〜5000万円
入金まで 最短即日
買取手数料 3%〜15%

事業資金エージェント

MSFJ

最短3時間で事業資金を資金調達可能!

事業資金エージェンとは500万円以下の申し込みの場合最短3時間で資金調達が可能なとてもスピード感のあるサービス展開をしています。

20万円からの少額の資金調達にも特化しており他社と比べて少額契約の場合の手数料は大幅に低い水準となっています。

万が一の時に備えた見積もりや相談だけでもOKなので一度自社の売掛債権がいくらになるのか確かめるのもおすすめです。

基本情報

即金可能額 20万円〜1億円
入金まで 最短即日
買取手数料 1.5%〜20%

Cool Pay

coolpay

独自のAIスコアリング審査!オンライン完結の資金調達

CoolPayは最短60分のスピード買取が可能になっています!
請求書を写真でアップするだけで、独自のAIスコアリングによる審査が行われることにより、驚きのスピード買取が実現します!

買取可能額は20万円〜となっており、少額の取引にも対応しているのが特徴です。

法人、個人ともに利用可能となっている使い勝手のいいサービスといえます。

Cool Pay基本情報

即金可能額 20万円~
入金まで 即日振込
買取手数料 2%~
 


ネクストワン

ネクストワン

金融業界に精通したスタッフが対応!成約率96%!

ネクストワンは最短即日の資金調達が可能でその契約率は96%と様々な売掛債権を買い取ってくれます。オンラインで完結のため全国どこでも申し込み可能です。

手数料も業界最安水準の1.5%〜からとなっており初めてのファクタリング利用にもおすすめです。

またスタッフは元銀行員など金融業界に精通した資金調達のプロたちが対応してくれます。そのためファクタリング以外の資金調達やその他会社経営に対すコンサルティングにも期待できます。

基本情報

即金可能額 30万円〜上限なし
入金まで 最短即日
買取手数料 1.5%〜10%

トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイ

クラウド契約で自宅にいながらスピーディーな資金調達が可能

トラストゲートウェイは業界最安水準の手数料率を誇り保証人や担保も不要なファクタリングサービスです。

トップクラスの買取率でリーピート率も98%以上!

全てオンラインで完結するため来店は不要ですし、審査通過率も驚異の95%です。
そのため大手で利用を断られてしまった場合などもトラストゲートウェイで利用可能な実績も多数あります。

初めての利用から他社からの乗り換えにも適した優良会社です。

基本情報

即金可能額 10万円〜5000万円
入金まで 最短即日
買取手数料 3%〜10%

エスコム

scom

「安心・効率的・迅速」をコンセプトの優良会社エスコム!

エスコムは 顧客満足度98.5%!成約率87.5%!乗り換え満足度92.7%

と利用者からの好評の優良ファクタリングサイトです。

手数料も1.5%〜となっており業界最安水準です。また二社間三社間共に対応しおり、介護報酬や診療報酬にも対応しているため初心者から利用中の方まで幅広い層の利用者から支持されています。

基本情報

即金可能額 30万円〜1億円
入金まで 最短即日
買取手数料 1.5%〜12%

トライ

トライ

全国対応で即日入金のファクタリング会社トライ

トライのファクタリングは徹底した秘密厳守を約束してくれ、2社間ファクタリングでも取引先に知られる事なく、資金調達が可能です。

さらに良心的な手数料が設定されており、これまでの実績を生かしたスピード審査で最短即日入金が可能となります。

個人事業主や介護報酬ファクタリングにも対応しているのでどなたでも申し込みいただけます。

全国対応のオンラインファクタリングを見積もりだけでもとってみては如何でしょうか。

基本情報

即金可能額 10万円〜5000万円
入金まで 最短即日
買取手数料 3%〜15%

ファクタリングZERO(ゼロ)

ZERO

西日本の企業に対応特化したZEROのファクタリングサービス!

ゼロのファクタリングは最短即日資金調達が可能、来店不要のオンライン型、診療報酬や介護報酬にも対応しており、幅広い利用者がいます。

そんなゼロは「西日本の企業向けに展開」されており、東日本側の企業は残念ながら利用できません。地域密着型だからこそのサービスとなっております。

基本情報

即金可能額 20万円〜5000万円
入金まで 最短即日
買取手数料 1.5%~10%

トップマネジメント

トップマネジメント

実績は45000件以上!安心のサービス

トップマネジメントは安全オンラインでファクタリングサービスを利用できます

そのため全国どこの企業様も利用することが可能です。

また豊富な資金力が売りで最大買取金額は3億円となり小さな資金需要から大きなものまで幅広い対応をしてくれます。

またプラン設定も豊富に揃えているため、利用者の状況にあった様々なファクタリングサービスを受けることが可能になっています。

初めての方から現在、他社を利用中の方までおすすめです。

基本情報

即金可能額 30万円〜3億円
入金まで 最短即日
買取手数料 2者間3者間ともに3.5〜12.5%(ゼロファク利用時最大10%の優遇措置あり)

ファクタリング福岡

ファクタリング福岡

福岡に拠点をおき九州から西日本地域に特化!

ファクタリング福岡が選ばれる理由は最安手数料が1.5%〜となっており業界でも最安の水準となり30万円〜無制限の買取可能金額により幅広い利用者に向けサービス展開しているためです。

もちろん法人・個人に対応しており、資金調達まで最短即日のスピード感も持ち合わせています。福岡に拠点を置き、九州地方の会社や西日本を中心とした会社に特化してサービス展開しているのでその地域の方にはおすすめです!

基本情報

即金可能額 30万円〜無制限
入金まで 最短即日
買取手数料 1,5%〜
 

QuQuMo

ququmo

手数料安さ業界トップクラス!完全オンライン型ファクタリング!

QUQUMOは完全オンライン型のファクタリングサービスを展開しています。
契約完了まで「最短2時間」というスピードが特徴です。

時間が早いだけではありません。手数料も1%〜と業界トップクラスの安さを誇ります。

また事務手数料無料、債権譲渡登記も不要です。

必要な書類は「請求書」「通帳のコピー」の二点のみ。と非常に手軽です。

今すぐ現金が欲しい!手数料はなるべく抑えたい!

そんな風に思っている方におすすめのファクタリング業者です。

QuQuMo基本情報

即金可能額 〜1億円
入金まで 最短2時間
買取手数料 1%~
 

コメント